ブログトップ

読書と散歩と雑巾がけ

dance3.exblog.jp

くちぶえカタログとアルネと村上春樹

e0327905_10245293.jpg

お寺さんにお参りにあがったり、ちょっとした雑用の合間にと、普段は読まないようなエッセイをKindleにいれて持ち歩いていました。田中美穂「わたしの小さな古本屋」山田マチ「ひとり暮しの手帖」コンラート・ローレンツ「ソロモンの指輪」宇野千代「幸福を知る才能」松浦弥太郎「続・日々の100」です。

年を経るごとに「重さ」が、モノ選びの重要なポイントになってきまして、できるだけ軽いものがありがたく、台所で言えばお鍋など柳宗理が限界、そのうち小泉誠の雪平鍋オンリーになりそうで、そういう意味では本でいうなら電子書籍、ペラッペラに軽い、おまけに絵本級の文字の大きさににすることもできる、とてもありがたいはずなのに「ほんまか?」と思う、「買う」をクリックしてダウンロードされているのに、ちゃんと読むことができるのに「だまされた」ような気分になるのは「本」が手元にないから、本の「重み」を感じることができないから、ほんなら本屋でほんまの本買えや!いう話ですけれど。

いやそういう話ではなくてね、松浦弥太郎「続・日々の100」のまえがきに「僕にとって愛してるという唯一の表現は相手の手を握ってあげること、手をつないであげること」とあり、わたしが最後に誰かの手を握ったのはいつだったろうと頭をかかえることに。おのれ松浦弥太郎、心かきみだすオトコだ。


e0327905_11413690.jpg

松浦弥太郎「くちぶえカタログ」は、写真と文で構成されているのだけれど、ちょっとヘンテコなつくりになっていて、Kindleでは味わえないのがこういう本なのだなと、きょうはゆっくりと読み返し、そうだった、ここの写真をみて「マジックソープ」なるものを知ったのだったなと、懐かしく思い出しました。


e0327905_11491433.jpeg

ちなみに、今も愛用中です。


余談

e0327905_11522196.jpeg

松浦弥太郎さんを知ったのは大橋歩さんの雑誌「アルネ」で。
しばらくお休みされていた「アルネ」ですが、また大橋さん、始められたようで。にしてもアルネ、村上さんの取材は本当に凄かったです。


e0327905_12005273.jpg
e0327905_12011662.jpg
e0327905_12013641.jpeg
e0327905_12015953.jpeg
e0327905_12023005.jpeg

[PR]
# by dance3e | 2017-01-20 12:07 | ほん

雪の週末

e0327905_12170578.jpg

この週末は荒れ模様、強風に雷に雪、洗濯や衣類の整理などしていたならお腹の調子が悪くなってしまったので炬燵で半身浴、暑さでずっと苦しんでいたものだから寒いのが気持ちよくて、冷えの怖さを忘れていました、にしてもさすがの寒さ、買い物にも行かず、冷蔵庫にあるものでやりくり、胃腸に良いと言われる白菜をメインに豚肉とのコンビネーション、お鍋はもちろん、生姜をつかって中華丼にしてみたり。大根はあくまでもじんわりと優しく、寒さが美味しくしてくれるものってあるよね、冷蔵庫整理献立であることなど、おくびにもださず。

今朝は裏の鉢が強風になぎ倒され転がって無残なありさま、地面の雪はすぐに消えてしまったけれど、鉢の中は雪景色。家を建てた時には地面が土で庭造りをする予定だったのに、いそがしくて手がまわらずコンクリを敷き、洗濯干し場にしてしまうという残ないことになっていて、洗濯物を外に干さなくなった今、やっと庭を作りたいと、コンクリを剥がしてしまいたいと、思いながらも大仕事だなと腰が引けて、まずは木を一本植えるところから始めたいのだけれど、鳥が来てくれるようにと。


e0327905_13085027.jpg

うちの「三輪車」にも、雪はやってきました。



[PR]
# by dance3e | 2017-01-16 13:09

パン教室にいってみました

e0327905_11350428.jpg

我が家からクルマで15分くらいかな、わたしの父のいちばん下の妹(叔母)がパンとケーキの教室を開いていて、あなたもいちどくらい顔をだしなさいと言われ続けて数年、叔母の教えるようなゲロ不味いパンやケーキ、食えたもんじゃねえよ、ではなくて「わたし教室っていうの苦手なの、ごめんなさい」と、逃げていました。

気が遠くなるくらいつまらなかったです。





[PR]
# by dance3e | 2017-01-12 12:12

家臣団の呪い

e0327905_12314522.jpg


村上さんの新刊タイトルが発表されたというのに、覚えられない。

きのう新潮社から届いたメールによると「騎士団長殺し」、こうして今タイトルを打ち込もうとしても「なんだった?」とメールを読み返して確認している、まったく頭にはいってこない、敗因は「スメルジャコフ対織田信長家臣団」です。

タイトルを目にしたとき「家臣団長殺し」って春樹さん、織田信長家臣団の歌だけでは満足できず、とうとう小説に?と、頭が真っ白になってしまいましたが、騎士団長ですか、まあそうですよね。

ちなみに村上さんが作った織田信長家臣団の歌

♪わしらの殿様は誰だっけ?
頭に「お」がつく有名人
緒形拳ではないわいな
岡本綾子でもないわいな
そうさ、みんなの織田信長

もうだめだ、わたしのなかでの村上春樹新刊タイトルは「家臣団殺し」だ、どうすればいいのだろう、途方にくれている。


余談

明日は村上さんと村上さんが大好きな、孤独な男が外なる世界と存在をかけて孤独に闘うというモチーフをどこまでも追求し、アル中のうちに自殺したというジャックロンドンさんのお誕生日ですね。



[PR]
# by dance3e | 2017-01-11 13:26 | ほん

連休も明けて

e0327905_10351919.jpg


頭を上げてぐるり、空を見渡して大きく息をする、なんて気持ちいいんだろう、このキリッとした空気と静けさに、やっとわたしの一年がはじまったようで、嬉しいです。今年は「手間暇かける」ということを考えていますが、さてはてどうなりますか。


e0327905_10564208.jpg


うっかりお米を床にばらまいてしまいまして、拾い集めて洗うという選択もあったのですが、拾い集めて庭に撒くという選択をしたなら「どうしてお米を捨ててしまうかなあ」とオット、小姑のような眼を向けてきました黙りなさい、さてはあなた舌切りスズメのババアですね。わたしは小鳥たちが集まってくる姿を見たいのです。もちろん大きなツヅラも小さなツヅラもいりません。ただただスズメたちが本当にお米が好きで集まってくれるのかそれが見たいだけ黙りなさい。

一日たっても二日たってもチュンとも言わず、お米があるのになあ、こんなにいっぱいあるのになあ、どこかにお米よりも美味しいものがいっぱいあるのかなあ、やきもきしていたならやっと見つけてくれたようです大変です、おびただしい数のスズメたちがやってきて大騒ぎ、カメラを構えるといっせいに飛び立ってしまってどうしても撮ることができず残念でしたが、至近距離でのズズメの米祭りはとてつもなく可愛くかつエキサイティングで、すげえよおまえら、でした。


e0327905_11204195.jpg


新年とくに新しく購入したものはないですが、お布団カバーを変えてみました。年末に「ストレスで潰れそうだよう」と弱音を吐いていたせいか、従姉妹の旦那の会社から本日大量のハーゲンダッツとなぜか餃子が送られてきました助かりますありがとうございます。弱音も吐いてみるものですねシメシメ。

さてビールを美味しく飲むためにはノドをカラッカラにして我慢して我慢してプハーとやるのだワシはと椎名誠さんが遠い昔にどこかでおっしゃっていましたが、それならわたしは来月の村上のため、小説いっさい読みません、ということで雑誌の乱読「GO OUT」「天然生活」「nice things」「趣味の園芸」「料理王国」「LOG HOUSE」「オレンジページ」「珈琲時間」「ソトコト」「Pen」と現在ここまで、頑なに小説を拒否しつつ、まあこんな時期があってもいいよね。



[PR]
# by dance3e | 2017-01-10 11:50

おむすびころりん

e0327905_14014924.jpeg

5日の朝ワカゾーが帰ったあとはもう燃え尽きてしまいました。

山のような洗濯物も仕事から帰ってくるオットの夕食も、自分の食事さえもう作る気になれず、本も開かず、DVDで映画を流しながら心の栄養ハーゲンダッツを食べていたならオット帰宅「今夜は滅多に食べられないご馳走です、カップ麺です」と、カウンターを指差しますとオット「やったあ!」いそいそとお湯を沸かしてシアワセそう、めでたし。

年末、どうしても胸におさめておくことのできないことがあり、「この件に関してはあなたを許さないし、あなたの実家の敷居をわたしがまたぐことは二度とないから」と、言い渡しました。

そんなこともあり、とにかく今は料理に集中しようと、29日の忘年会はケーキもオーダー、朝からおでんなど仕込み、この一年ハッピーだったことを感謝し、忘れてしまいたいことをひとつ、またひとつと忘れては、夜は更けてゆきました。

30日はオットの実家で餅つき、オトコたちだけで出かけた間にわたしは洗濯掃除、食材の準備など、自分の用を済ませる日でした。

31日はいつも料理屋さんのおせちをお願いしているのですが、新年会で同じようなものをゲー吐くほど食べさせられるので、今年はスキヤキ、神戸ビーフをつつきながら「笑ってはいけない」、途中、お蕎麦を食べながら除夜の鐘に耳を澄ませました。

明けて新年の挨拶をして寝て起きて、雑煮を作ろうと「お餅何個食べるのおー?」号令をかけますとオット「もうチーズトースト食べたよ」ワカゾー「サンドイッチでもいい?」って、こらあ。

夜はわたしの実家で新年会、おきまりの重箱に詰められたおせちと出前のお寿司と茶碗蒸しなど、おそろしく食べたくないモノばかりだったけれど、大学生の姪には久しぶりに会えたし、弟夫婦たちは仕事で来られなかったけれど、兄ともなんだか久しぶりだった。

2日は野菜が食べたいねということで、おなじみ白菜の豚鍋、3日はステーキとサラダ、4日はうな重にきんぴらごぼうや胡麻和えなど、とにかくわたしは作る、無心で作る、ということで、すっかり抜け殻です。

が、やっと昨日は洗濯をすませ、今日はとてもいいお天気で散歩もポカポカ気持ちよく、ワカゾーの匂いも消えました。

ということで、ゆっくりとコーヒーを淹れ、カニごはんのおにぎりをひとつ、お昼に食べました、美味しい・・。

余談

体重が5kg落ちましたが、今年は美味しいものいっぱい食べて、こってり太ってやるつもりですピース!。




[PR]
# by dance3e | 2017-01-07 15:24 | ごはん

ばいばいまたね

e0327905_14214495.jpeg

法外なお小遣いを手に「私が駅まで送る」と、早朝からドタドタやってきた我が母、そろそろ免許返納しろよなどと言おうものなら暴れ倒しそうなので「ありがとう」と、今年もアホみたいな顔して笑っておく。ワカゾーはといえば「おばあちゃん、ありがとう」と、天使のような笑顔を向けさっさと乗り込む。おまえずるい。

年末年始、いったい何があったのか、ワカゾーを送りだしてからはもうボーッとしてしまって、今は何も思い出せない。そういえば高須クリニックの高須さんに会ったって言ってたな、ヘリコプターに乗ってない普通の、びっくりしたよって、そんなことしか思い出せない・・。


[PR]
# by dance3e | 2017-01-05 14:45 | かぞく

元日

e0327905_22530067.jpg

今夜は実家で新年会でした。


e0327905_22551963.jpg

おじいちゃんとおばあちゃんは大好きワカゾーくんとのおしゃべりがとまらない。いつまでこういう時間が持てるだろうと少し胸をつまらせつつカメラを向ける。そしてついつい余計なこと言ってしまう。「葬式用の写真にするからね、はいええ顔して」ってね。

素直にええ顔しなくていいよ父よ。


今年もよろしくお願いします。



[PR]
# by dance3e | 2017-01-01 23:13 | かぞく

ワカゾーくん帰っています

e0327905_20163434.jpg

きのう発売のコレにワカゾーくん紹介していただいていますありがとうございます。



[PR]
# by dance3e | 2016-12-29 20:29 | かぞく

クリスマスイブ

e0327905_10504954.jpg

今年はクリスマスまでに素敵なスノードームをひとつ買おう、まあまだ12月にはいったところだし、ゆっくり探せばいいわ、こういうのって出会いもあるからって、クリスマスイブではないですか、もうクリスマスではないですか。そういえばホンコンさんが「50すぎたら一年は7秒」とおっしゃっていました、なるほど。


e0327905_11073958.jpg

先日ニットのお手入れをしていたのですが、このセーターは最古参、25年くらい前に買ったベネトンのもの、赤いセーターなど考えられないですが、クリスマスですしね、久しぶりにきょうはコレを着てみようかと、オットは仕事ですし、夜はうどんすきの予定ですけれども。


余談

白菜を塩もみしたならとても甘くて美味しくて、そろそろ白菜が本気をだしてきたようです、ということで、昨夜は白菜と豚肉のお鍋にしたならもうバッチリ、なぜ本日は白菜鍋なのかという理由を説明しようとするまさにそのときにオット「このシイタケうますぎないか?松茸みたいだ」と。

謝れ、シイタケに謝れ、そして白菜だ。


[PR]
# by dance3e | 2016-12-24 11:36 | ふく