ブログトップ

読書と散歩と雑巾がけ

dance3.exblog.jp

十六歩歩くことについて

e0327905_15042819.jpg


どうやら「羊をめぐる冒険」を読むと、わりに思いだしたくないところに思いがとんでいくようで。

家に帰る決心をしたこと、アパートをひきあげることを友人に告げたとき、彼女は手足をバタつかせて怒っていた。ひきあげる前の夜、彼女は「なんで帰るん?なんで帰るん?」涙と鼻水まみれな汚ったない顔してドアのまえに立っていた。その手にはタッパーウエア、中にはアルミ箔に包まれたカレーチャーハン、彼女の恨み辛みをききながら食べたカレーチャーハン。

きょうのお昼は、挽肉とミックスベジタブルとハウスバーモンドカレーのルーだけで作られた少し粉っぽい彼女のカレーチャーハンを作ってみた。「近いんだからいつだって会えるんだから」わたしは本気でそう思っていたけれど、彼女が怒っていたのは、そうはならないことがわかっていたからなんだろうな。


[PR]
by dance3e | 2016-01-27 15:42 | ごはん | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 日曜読書欄(神戸新聞) 水曜の午後のピクニック >>