ブログトップ

読書と散歩と雑巾がけ

dance3.exblog.jp

長く生々しい夢の果て

e0327905_13073524.jpg

きのうは、小学生のとき吹奏楽で一緒だった幼なじみのお父さんが亡くなり、歯科医院で治療のその後のチェックを受けたあと、その歯科医と一緒に「はよ行かな」バタバタと参列、小学校の同級生というのは不思議なもので、兄弟姉妹のような感覚、50を過ぎても思い出の色合いというか、中学や高校の友人とは、まったくちがう。

バラが動きだしたよ。


余談

団長も指を一本、立てていたね。


[PR]
by dance3e | 2017-03-09 13:38 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< またひとつ、大きくなったね セールス電話と闘いながら >>