ブログトップ

読書と散歩と雑巾がけ

dance3.exblog.jp

イメージ

e0327905_14222853.jpeg

雨になりました。

きのうは従姉妹のところにお祝いを持ってでかけました。

わたしの父の妹の娘なので、小さい頃には一緒に遊び、一緒にごはんを食べ、一緒にお風呂にはいる、姉妹のように過ごしたひとつ年上の従姉妹ですが、わたしがいちばん仲の良かったボーイフレンドと結婚し、会社も大きくなり、いそがしくしているのでなにか特別なことがないとなかなか会う機会もなくなっていました。

車庫には新しくジャガーが追加されていたので「これ●●ちゃんの?乗ってるの?」いつになく執拗なわたしに「なんなの?」と。「イメージが大事なの、こういうのもオシゴト」笑われてしまった。ハルキ臭すごいんですけどって言えなかっただけ。

イメージといえば、彼女の息子が学校をやめたいと言いだしたときも「中退」では彼女のいう「イメージ」が許さない。ということで「留学」というカタチになる。パリの料理学校にぶち込むことにする。おかげで彼女は日本とフランスを行ったり来たり、脳みそ沸騰しそうになろうとも、一夜で髪が真っ白になろうとも「日本とフランスを行ったり来たり」は、イメージが大変によろしいらしい。

右手に旦那、左手に旦那の年老いた親ふたり、頭に仕事、両脇に子供をかかえ、イメージだけを頼りに奮闘する彼女をみると、うちもオットの母は認知症が進んでいるし、わたしの両親もまだ健在だけれど明日はどうなるかわからない。事情はそれぞれだけれど、光(イメージ)の部分を大切にするため、影の部分としっかり向き合う彼女の姿に背筋が伸びる、こういう刺激は毒にも薬にもなる。わたしの心がどこにあるかで決まるのだろうな、がんばろー。





[PR]
by dance3e | 2017-04-17 16:09 | かぞく | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 謎のハーブティー たとえば草原の真ん中に >>