ブログトップ

読書と散歩と雑巾がけ

dance3.exblog.jp

カテゴリ:ごはん( 63 )

2日目

e0327905_10214595.jpg
ワカゾーの気配を感じながら眠るのっていいものだなと思いながら今朝はサンドイッチを作り、本を持って再びお布団でごろごろしていたならダダダ、起きてきたなと足音に耳を澄ませるこの感じ、懐かしいなあいいなあやっぱり。「サンドイッチありがとう!」と他人行儀な挨拶をしてバババババ、どこかに出かけていきました。サビシイなあもう。

e0327905_10315549.jpg
土用のウナギも食べていなかったので昨夜はウナギ、わたしは尻尾のとこが好き・・。


[PR]
by dance3e | 2016-08-13 10:37 | ごはん | Comments(0)

トマトソース

e0327905_18273553.jpg


ポケットをたたくとトマトがひとつ、ポケットをたたくとトマトが・・いえそうではなくてまあなんだかんだとトマトが増殖していまして、夏にコトコト煮こむのもなんですが、そんなことをいえば夏ならこそのトマトでもあるわけで、ようはトマトソースを作っているということで、ブイヨンもなにも余計なものをいれず、ニンニクと玉ねぎと塩だけでただただ煮こむ。スッキリとした酸味の美味しいソースができつつありますありがとうございます。

[PR]
by dance3e | 2016-08-05 18:14 | ごはん | Comments(0)

三時のミツギモノ

e0327905_16200234.jpg

叔母(日本野鳥の会)が新設した石窯で焼いたピザが届きました。
お味は微妙、いえ、ええっと、去年は熱中症で運ばれた叔母、この暑い中、石窯なんかで遊んでるなんて心配しちゃう。



[PR]
by dance3e | 2016-07-14 16:33 | ごはん | Comments(0)

カレーライス

e0327905_10483502.jpg

母はもう、スーパーに行ってもつまらないらしい。

日々のごはんは家で据え膳上げ膳、箸を持つだけ。結構な身分ではないですかとわたしは言うのですが、買いものの必要がなくって、つまらないらしい。というわけで、スーパーからうちに電話をかけてくる。「なにか買って来てほしいものない?」と。これがいわゆるミツギモノ。

用事を言いつけるのも親孝行だと思ってきょうは「カレーのルー買ってきて」と。選ぶ楽しみをうばわないよう銘柄を指定せず「辛いカレーが食べたいの」とだけ言う。結果が写真「すごく辛そうなのみつけたのよ〜」と嬉しそうだったのでよかった。キウイとスモモ、ごみ袋まで買ってきてくれた。

きのうはすごく暑くて一歩も外にでられなかった。

食欲もなくてオットにお寿司を買って帰ってもらったけれど半分も食べられず、麦とろごはんとモロッコ豆のサラダだけ作った。


余談

熱源をガスからIHに変えたため、焼きナスをグリルで作るのだけれど美味しくない。今までのように皮を丸焦げにできない、むー。






[PR]
by dance3e | 2016-07-08 11:18 | ごはん | Comments(0)

本日のミツギモノと禁煙

e0327905_09200784.jpg
なんだろう?この違和感は・・・。

オットが外にでない。一時間に一度は外に出てタバコを吸っていたオットが外に出ない。つまりはタバコを吸っていないということ。に気がついてゲー吐くほど驚いた。先日ここに書いた友人を思うと吸えなくなったらしい。手のほどこしようがないと聞いてショックを受けてはいたけれど、あらためてオットの心中を思う。

断酒して以来、今の今まで一滴も飲んでいないオットだけれど、タバコだけは何があってもやめないだろうと思っていたので。

金曜の夜、テレビドラマの「私を離さないで」最終回をふたりでみた。「このヒトたちはなんなんだ?」というオットに「クローンよ」と、「イシグロの小説にそういうお話しがあるの」と話す。オットは最後まで黙ってわりに熱心にみていた。ひどい話だと言った。

限られた命をできるだけ豊かに生きること、そしてどう死をむかえるか。それはなにもクローンに限ったことではないよね。思い出をいれておく箱だって・・。

人間の世界だって大きさはさまざまだもの。




[PR]
by dance3e | 2016-03-20 10:23 | ごはん | Comments(0)

節分の恵方巻き

e0327905_18432319.jpg

今年はいったい誰なのか、受け取るまでわからない。困ったことに今年にいたっては、受け取ったあともわからない。誰?別にかまわないですけれども。

「絶対に話しかけないでね」

オットに重々釘を刺しておいたのに、黙って食べていたのに、テレビニュースをみながらかぶりついていたオットのテレビの位置が幸か不幸か今年の恵方、「えっ、きよ●●なにしたん?」思わずクチを挟むわたくし、うう。




[PR]
by dance3e | 2016-02-03 19:18 | ごはん | Comments(0)

十六歩歩くことについて

e0327905_15042819.jpg


どうやら「羊をめぐる冒険」を読むと、わりに思いだしたくないところに思いがとんでいくようで。

家に帰る決心をしたこと、アパートをひきあげることを友人に告げたとき、彼女は手足をバタつかせて怒っていた。ひきあげる前の夜、彼女は「なんで帰るん?なんで帰るん?」涙と鼻水まみれな汚ったない顔してドアのまえに立っていた。その手にはタッパーウエア、中にはアルミ箔に包まれたカレーチャーハン、彼女の恨み辛みをききながら食べたカレーチャーハン。

きょうのお昼は、挽肉とミックスベジタブルとハウスバーモンドカレーのルーだけで作られた少し粉っぽい彼女のカレーチャーハンを作ってみた。「近いんだからいつだって会えるんだから」わたしは本気でそう思っていたけれど、彼女が怒っていたのは、そうはならないことがわかっていたからなんだろうな。


[PR]
by dance3e | 2016-01-27 15:42 | ごはん | Comments(0)

本日の残念な写真

e0327905_11373404.jpg

朝食のパンの買い置きがなくなっており、血眼で探しあてた冷凍庫の奥の霜まみれな食パンの切れ端を涙をのんで焼いたなら真っ黒に焦げ、オムレツとコーヒーでいいやとタマゴをジュー、ゴリゴリと胡椒を挽くとゴリゴリがゴキン、む?うさぎの耳が折れ、お昼は簡単にパスタでいいやとミツギモノのパスタソースセットの箱を開けたならイカスミしか残っておらず、賞味期限が2013年。

頑張れ、わたし。


[PR]
by dance3e | 2016-01-14 12:01 | ごはん | Comments(0)

チキンライス

e0327905_13143144.jpg

♪オレはまだまだチキンライスがいいや〜

クチずさみながらクリスマスのお昼はチキンライス、「カポーティ家はニューヨークに引っ越したわ」と、まるでお隣の一家のことを話すかのようにオットに報告しては「もう何度も聞いたけど」と言われていたきのう、きょうはやっと「ニューヨーカーでコピーボーイをはじめたわ。でもね、真珠湾の攻撃が始まってたいへんなの」と、新しい情報を提供することができました。

ジェラルド・クラークの「カポーティ」、第一部では自分の中の母の部分に苦悩させられたりもしたけれど、いえいえなかなか、ヤツもやってくれています。第二部にはいりました。



[PR]
by dance3e | 2015-12-25 13:30 | ごはん | Comments(0)

ミツギモノ

e0327905_23455232.jpg

結局のところ高野豆腐を煮ることはなく、ミツギモノのゴボウを鬼のようにささがいてのキンピラゴボウ。やれやれと一息つく間もなく、おびただしい量のパセリと菊菜と小松菜というミツギモノがやってきてもう冷蔵庫が草だらけ。

ちなみに、野菜室にデカい顔して並んでいるキャベツ2玉の謎。キャベツを買うと高い確率でキャベツのミツギモノ、ひとつ買うとふたつになってしまう。でも買わないと、一生キャベツは我が家の冷蔵庫にないのね。

ささ、お好み焼き、焼きますよ。


***

村上ニュース

29日、福島県郡山市内で開かれた文学講座「ただようまなびや 文学の学校」に特別ゲストとして参加。

赤いチェックのシャツにジーンズ姿で登場、まず自作の朗読、「想像力」をテーマにしたディスカッションでは、人は子どもの頃の豊かな想像力を成長するにつれて封印していく、と指摘したうえで「大人になっても(想像力のつまった)“屋根裏”にアクセスするのは可能。小説家は大人としてその“屋根裏”にアクセスするのです」などと語った。

(産経ニュースより)


追記

村上さんは、登壇前に地元の高校を訪ね、高校生と語りあう場を持った。「高校生が一番今、共通して困っているのは、自分をどう表現していいかわからないということだった。何も表現できないなら、引き出しにどんどんいれておけばいい。表現できないことを恐れてはいけない」と助言した。

(日刊スポーツ)

朗読は「4月のある晴れた朝に100%の女の子に出会うことについて」、朗読の練習をしていたら気になるところがあって手をいれていたら止まらなくなって・・・とのこと。どんなんなったんだろ?



[PR]
by dance3e | 2015-11-29 17:55 | ごはん | Comments(0)