ブログトップ

読書と散歩と雑巾がけ

dance3.exblog.jp

<   2016年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

きょうの散歩

e0327905_13022357.jpg

週末はすごい風で薔薇たちがワッザワッサ、もみくちゃにされているというのに我が家の薔薇係はまたもやゴルフ、持ち帰った商品券はわたしがきれいに使ってあげますからご心配なく、ということで、日曜日には朝っぱらから家中掃除機を持って走りまわるオット、そんなこと頼んでいないし日曜の朝よ、静かに穏やかにすごしましょうよイラッ、はいボクえらいでしょうって顔しない、うるさいのよ掃除機ぶんぶんごんごんイラッ。

「散髪いってきまーす」更年期のツマから脱出したかと思えばキッチンに「ゆで卵」が、ということはサンドイッチを作ってくださいということね面倒かけないでよねイラッ、タマゴとキュウリのサンドイッチをつまみながらカフェオレふうふうしていたならオット帰宅、「あれ、サンドイッチ作ってくれたの?」ってタマゴゆでといたのおまえだろうがこらあ、を呑み込んで「そうよ、お先にいただいていますよ、あなたもどうぞ」ニッコリ笑う美しいツマの腹の中は漆黒の闇ですスミマセン。

曇り空の月曜の朝は静かで穏やかで、ぐるりと家をまわって裏の畑まで散歩、青かった蜜柑が少しずつ色づいて、そういえば山も少しづつ色づいているような・・。


e0327905_13523344.jpg

柚子を3つ、もいだまま歩いて帰る、今夜の鯵の塩焼きにしぼって食べよう、いい香りがする散歩、そうそう、土曜日の強風は木枯らし1号だったそうな、こうして10月も終っていく。



[PR]
by dance3e | 2016-10-31 13:57 | くさき | Comments(0)

「影の持つ意味」と題してスピーチ(村上メモ)

影 (あなたの知らないアンデルセン)

ハンス・クリスチャン アンデルセン/評論社

undefined


「人間一人一人に影があるように、あらゆる社会や国家にも影がある。明るくまぶしい面があれば、それに釣り合う暗い側面があるのです」「私たちは時に、影の部分から目を背けようとします。あるいは無理やり排除してしまおうとします。でもどんなに高い壁をつくって外から来る人を締め出そうとしても、どんなに厳しく部外者を排除しようとしても、あるいはどれだけ歴史を都合のいいように書き直したとしても、結局は自分自身が傷つくことになる。自らの影、負の部分と共に生きていく道を、辛抱強く探っていかなければいけないのです」

(アンデルセン文学賞・授賞式でのスピーチ・10月30日)


***

すごいよね、あいかわらずスピーチが、ゾクゾクしちゃう。



[PR]
by dance3e | 2016-10-31 10:34 | ほん | Comments(0)

向かい合わざるを得ない

e0327905_10181679.jpg

ベッドをすて、和室にお布団というスタイルにしてみるとココロもカラダもノビノビ、寝がえりうとうが転がろうがそこはタタミ、朝起きたなら枕元にあったはずの本やランプがぶっ飛んでいる程度の被害しかないなんてまあ素敵、そんな日々をおくっておりますありがとうございます。

昨夜、眠るまえにも「心臓を貫かれて」、マイケル・ギルモアが語る家族の物語に耳をかたむける。「僕は過去に戻る」と宣言して語りはじめる「僕」の「家族」の物語、いったいなにが夢を台なしにして、かくも多くの生命を破滅に追い込んだのかを探り当てること、それができたなら「僕」はさらなる喪失をまぬがれるかもしれないと。

マイケル・ギルモアは著名な音楽ライターであり、かつてはローリングストーンズ誌専属の執筆者として活躍していたというだけあってグイグイ読まされてしまうのは事実だけれど、今回は深く入り込んでしまってなかなか進まない。これが「歳をとる」ということかもしれない。これが「向かい合わざるを得ない」ということかもしれない。いちいち涙が滲むのだから自分に驚いちゃう。


[PR]
by dance3e | 2016-10-29 11:45 | ほん | Comments(0)

心臓を貫かれて

e0327905_15542106.jpg

食べてから読むか、読んでから食べるか、読みながら食べました。


***

最初にこの本を読んだのは僕の妻だった。アメリカに住んでいるときに、彼女が書店でこの本をたまたまみつけて、英語の勉強もかねて読んで「これは素晴しい本だから、是非あなたが訳すべきだ」と僕に言った。その次に読んだのは文藝春秋の編集者である岡さんで、彼女も一読驚嘆し、また感動して、「これは実に驚くべき本です」と言った。

(あとがきより・村上春樹)



[PR]
by dance3e | 2016-10-25 16:09 | ほん | Comments(0)

プリズン・ブック・クラブ

e0327905_14035998.jpg

コンクリとブロックの間から顔をだしているのはミント、いえもうあなたの生命力には驚かないですよ。

Huluに登録したとここに書いたのはいつだったでしょうか。映画やドラマが見放題だと浮かれ、面白そうな海外ドラマと映画を入念にチェックしてはみていたわけですが、つまらなくなってきました。

敗因はどうやら「見放題」です。読書も乱読はできず、気にいった作家をそれはもうしつこくしつこく読み続けるほうなので。映画もドラマもこれはという作品はDVDでも買って、いつもどおりしつこくしつこく見続けることにします、さよならHuluありがとう。

日曜日の本の紹介、アン・ウォームズリー「プリズン・ブック・クラブ」に興味が。刑務所で開かれる読書会、ノンフィクションですが、アマゾンのレビュー「学校と病院と刑務所は建物の構造が似ている」というだけで不覚にも涙が。届くのが楽しみです。


[PR]
by dance3e | 2016-10-24 15:05 | ほん | Comments(0)

地震にご用心

e0327905_10322097.jpg

今年もこれで最後かしらね、などと思いながらブドウをはみはみしていたならン?揺れてる?揺れてる!!とっさに裏庭にでる窓を開けて様子をうかがうもまだまだ揺れがおさまらないので玄関へまわって外にでてみるもポッツーンわたしひとり、誰も外になんかでていないしあたりはシーン・・それでも防災無線が「落ち着いて行動してください、テレビラジオをつけてください」と言っている。

そうか、テレビをつけてみよう、震源地は鳥取県震度6って大変だ、ひどいことになっていなければいいのだけれどドキドキ、ドキドキしていたなら「かーさん大丈夫?こっちも揺れたよ」と息子から電話、そのあとすぐにオットから「大丈夫か」とラインメッセージ、家族なのだなとあたたかい気持ちになって落ち着く、間もなくどら焼きとミカンと蜂蜜のお土産を持ってやってきた我が母、「地震?そんなのあったの?そんなことより楽しかったのよぉ〜あのねあのね(以下省略)」長生きするわねこの女。

そうこうするうちにオット帰宅、きょうは葬儀に参列していたのだけれど、みんなのスマホからいっせいに緊急地震速報、寺の本堂に鳴り響く音声はお経よりもポップでなかなかオモロイ葬式だったとの報告を受け、ああ見たかったと地団駄ふむわたしもなかなかに長生きしそうな女でスミマセン。

e0327905_11185307.jpg

[PR]
by dance3e | 2016-10-22 11:26 | かぞく | Comments(0)

ムカデにご用心

e0327905_11352150.jpg

きょうはまた少し気温が上がっているようです。

今更な感もありますが昨夜「hulu」に登録し、MacBook、iPad、iPhoneはすぐにみることができたのですが、テレビのほうがSONYのネットワーク登録ができておらず、やってみれば簡単な設定だったのですが、やるまでは難儀ということで、「ガキの使い」も見逃すという、時間のある昼間にやればよかったのに思いついてしまったのだから仕方がないです。

そんなわけで今朝は「ダウントン・アビー」をみながらの朝食、ではなくて大変だったのですムカデですトイレですスリッパです。

寝る前にトイレにいってスリッパに足をいれるとニュッとした感覚、ムムム?と思ってスリッパから足をぬき、なにかはいっているのかとトントン、スリッパをひっくり返して確認したわたしはえらい、それなのになぜ再びスリッパに足をいれてしまったのか、なぜ大丈夫だと思ってしまったのか、今になるとじつに深い謎ですがとにかくムカデです、ムカデがいたのです。

「かまれたあああ」夜中に声をあげるわたしに気づいたオット、「どしたん?」トイレでビシバシ、ムカデ退治をしている音をききながら検索カタカタ「ムカデにかまれたとき」を開いてみると「お湯で洗う」と書いてある。

お風呂場へGO!シャワーを足にかけまくる、どうしようどうしよう、こわいよこわいよ、zzz・・・眠りました起きました痛みはなくなっていましためでたし。



[PR]
by dance3e | 2016-10-17 12:07 | いきもの | Comments(0)

今年もついつい

e0327905_10201763.jpg

またあの扉からオジさんがでてくるのを待つことになるのかならないのか、情報をシャットアウトしているようで、もれきこえてくる「初の女性事務局長就任」そうか今年はあのオジさんではく女性なのか「村上がとるならディランだってとるでしょうよ」言われ続けたことが現実に、はい、今年もしっかり扉が開くのを待ちましたともええ、メロンパンを握りしめて。

e0327905_10313805.jpg

[PR]
by dance3e | 2016-10-14 10:35 | Comments(0)

星空を見上げて

e0327905_11065881.jpg


眠りにつく。

持って来たのはこの2冊、春樹さんが考えるところの賞について、オリジナリティについて、じっくり読んでおなかにおさめた。

高山さんの日記を読み終わったなら、家に帰りたくなった。

[PR]
by dance3e | 2016-10-12 10:48 | Comments(0)

10月にはいって

e0327905_08452315.jpg

同級生のお母さんの相次ぐ訃報のなか、母のお誕生日の食事会にでかけたり・・。

やっと一段落して今朝、玄関ドアを開けるとススキの穂がふわり、ようやく秋らしくなった風に誘われるようにテクテク、起き抜ぬけのそのままでテクテク、半径50メールの散歩。

e0327905_09001147.jpg

いつまでも暑くてそれはわたしだけではなくて本当に暑いようなのだけれど、ときどきカラダのなかを熱風がとおりぬけてクラアっとして参ってしまうのは更年期ってやつかしらドキドキ、義姉に相談してみると「わたしもホットフラッシュで朝4時に目が覚める日が続いている」とのこと。症状はつらいのに共感してくれるひとがいるだけで楽観できる不思議、その有り難さにしみじみ。

e0327905_09111671.jpg

角田光代の小説を2冊読んで、女性たちが正気を失っていくそのさまに背中がゾンゾン、角田よ怖い女だわなのにあと2冊もあるからもうダメ。この歳になってトモダチと群れることもないしママ友なんて遥か遠い世界ではあるけれど、ラインでグループをつくったり、なかなかに他人との距離がはかりにくいシステムにのっかっている現実を思ってみたり。ささ、きょうもかんばろ。


[PR]
by dance3e | 2016-10-07 09:20 | Comments(0)